葬儀用語

サイトマップ・運営会社
 
葬儀用語ガイド
 
ヘッダーメニュー

葬儀用語「ま行」 埋葬,枕飾り,末期の水,満中陰,密葬,喪中など


ま行

埋葬
埋葬 (まいそう)
墓地、埋葬等に関する法律においては「死体を土中に葬ること」として、いわゆる土葬を指す言葉として定義されている。しかし慣用的な用法としては火葬後の遺骨を墓地や納骨堂などに収納することを指す場合もある。近年は後者の方が多い。



埋葬許可証
埋葬許可証 (まいそうきょかしょう)
役所より交付される火葬許可証に、火葬終了の証印を受けたもの。 埋葬時、骨壷と一緒に墓地の管理者に提出する書類。



枕飾り
枕飾り (まくらかざり)
遺体の枕元に飾る小さな祭壇。仏式では小机に、三具足・花・香・灯明・枕団子・枕飯・水などを供える。神道では台に三方を置き、水・塩・洗米・御神酒・常饌を供える。



枕刀
枕刀 (まくらがたな)
亡骸に悪い霊が入るのを防ぐため、枕元や布団の上に守り刀として刃物などを置くこと。



枕経
枕経 (まくらきょう)
納棺の前に枕元であげてもらうお経。



枕直しの儀
枕直しの儀 (まくらなおしのぎ)
神道の場合、遺体を北枕に安置し枕飾りをし冥福を祈る。これら一連のことをいう。



枕飯
枕飯 (まくらめし)
死亡直後に新しく炊いたご飯を、故人愛用の茶碗に高く盛りつけ枕元に供える。箸を2本または1本、上から立てることが多い。本来は再生を願っての儀礼。死者が善光寺や霊場に旅する弁当との解釈が行われてきた。



末期の水
末期の水 (まつごのみず)
臨終時、あるいは亡くなったばかりの人の口に人生最後の水をふくませること。


満中陰
満中陰 (まんちゅういん)
仏教では人の死後四十九日間、魂が迷っていると考えられている。死後七日ごとに法要を行い、四十九日目は中陰の満ちる日であり、死者追善の最大の法要を営む。この四十九日を満中陰という。



密教
密教 (みっきょう)
天台宗と真言宗が密教系の代表的な宗派である。密教では、身・口・意の三業のために焼香を三回行う。



密葬
密葬 (みっそう)
内々でする葬儀。密葬の後に社葬や偲ぶ会といった本葬を行うケースもある。



宮型霊柩車
宮型霊柩車 (みやがたれいきゅうしゃ)
霊柩車の一種。宮型をかたどった車で主として火葬場への遺体搬送に用いる。



名号
名号 (みょうごう)
阿弥陀仏の四字、南無阿弥陀仏の六字などのこと。



無宗教葬
無宗教葬 (むしゅうきょうそう)
故人の生前の希望により、特定の宗教色を省いた葬儀の形態。お焼香ではなく献花をしたり、お経の変わりに音楽を流す傾向にある。



銘旗
銘旗 (めいき)
故人の氏名、職名などを記した旗。神式の葬儀で用いる。



喪主
喪主 (もしゅ)
故人の供養を中心となって行う人。



喪章
喪章 (もしょう)
遺族が喪中であることを示す黒の印。リボンや腕章など形は様々。



喪中
喪中 (もちゅう)
一般的には2親等以内の親族が亡くなってから一周忌までを喪中という。



喪中はがき
喪中はがき (もちゅうはがき)
一般的には、2親等以内の親族(配偶者・父母・子ども・兄弟・姉妹・義父母など)が、亡くなってから一周忌までを喪中とする。喪中は年賀状を出さない。12月のはじめに、年賀状をいただきそうな相手に年賀欠礼の喪中ハガキを出す。



喪服
喪服 (もふく)
葬儀や法事のとき着用する礼服。


このページのTOPへ




お葬式用語辞典

あ行
後飾り,院号,永代供養,エンバーミング,お斎・・・

か行
改葬,合葬墓,神棚封じ,忌明け,合祀,ご仏前・・・

さ行
逆さ水,死装束,収骨,祥月命日,施餓鬼,尊厳死・・・

た行
荼毘,玉串,中陰,弔問,追善供養,灯明,友引・・・

な行
新盆,年賀欠礼,年忌法要,納棺,野辺送り・・・

は行
箸渡し,彼岸,布施,分骨,法名,本尊,盆棚・・・

ま行
埋葬,枕飾り,末期の水,満中陰,密葬,喪中・・・

や行
遺言,友人葬,湯灌・・・

ら行
立礼,臨終,霊璽,六文銭,六曜・・・

わ行
別れ花・・・


このページのTOPへ


 

フッダーメニュー
 
 

葬儀用語ガイド フェイスセレモニー

トップページ 葬儀挨拶 葬儀マナー 葬儀用語 斎場 お布施 葬儀用語ガイド 葬儀挨拶 葬儀マナー 運営会社 家族葬 一日葬 直葬 斎場 お布施 プライバシー 関連サイト サイトマップ サイトマップ 運営会社